AGAとは?

人はなぜ薄毛になるのか、その原因の一つとしてAGAをしっかり捉えるべきです。
AGAとは男性型脱毛症のことであり、一般的には生え際と頭頂部が薄くなる男性特有の症状のことを言います。
もしも薄毛の体質がAGA(男性型脱毛症)であるなら、やはりなかなかシャンプーだけのアプローチでは改善が厳しく、専門的治療が必要と言われています。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンと大きな関係を持っています。
それは男性ホルモンであるテストステロンが薄毛の原因となるジヒドロテストステロン(DHT)に変化することで発症に至ります。
それは男性ホルモンイコールと言うことではなくて、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるから男性型脱毛症になるという視点に立つことが大事です。

もしもその薄毛がAGA(男性型脱毛症)なら治療は、男性ホルモンをジヒドロテストステロン(DHT)に変換させてしまう原因である5αリダクターゼという酵素を阻止すると言うことにあります。 男性ホルモンと深く向きあうと言うことよりも、5αリダクターゼと深く関わり阻止するという姿勢こそAGAの根本的治療姿勢です。

AGA治療薬には成分が フィナステリドと言うものがあり、その成分も5α-リダクターゼの分泌を抑制することにあります。薄毛を促進して行ってしまうのはジヒドロテストステロン(DHT)に化し脱毛スイッチをオンにしてしまうからです。
まだまだAGAについて考えてみなければならないことがあります。一緒に考えてみましょう。



[Special Link]
専門的治療や無料相談を行っているAGAクリニックのサイトです → AGAクリニック